[CV] is hear.


Jaehyun Song is a Ph.D candidate of political science at Kobe University, Japan. His interest is a relationship between electoral manifesto and voting behavior. He focuses on questions such as: Voters consider candidate’s manifesto? Who takes account of manifesto? How different is voting behavior of voters who regard manifesto as important from the others? His master thesis title is “Is it possible to overcome regionalism in South Korea?” The answer is simple. Manifesto. If policy competitions between candidates come into be salient, voting behavior drawn upon regionalism will decline. To measure the competition, he adopted a manifesto analysis with hand coding. Furthermore, it is expected to use machine learning method in order to analysis manifesto effectively. 


Update History

  • 2017.07.05:
    1. JASPの入門講座を公開しました。
  • 2017.04.01:
    1. Profileを更新しました。
  • 2017.02.16:
    1. モデル比較&選択の基準であるAICとBIC、どっちを使うかについて簡単にまとめました [Link]
  •  2017.01.08:
    1. NetLogoを用いたベータ分布からの乱数生成方法を掲載しました [Link]
  • 2016.03.14:
    1. 「ASA Statement on Statistical Significance and P-values」を簡単にまとめました。[Link]
  • 2015.12.27:
    1. 中心極限定理のシミュレーションを公開しました [Link]
  • 2015.12.23:
    1. cjointPlotがパッケージ化されました [Link]
  • 2015.12.16:
    1. コンジョイント分析結果を可視化するCjoint_plotを公開 [Link]
  • 2015.11.22:
    1. Conjoint SDTを用いる際、一部の属性を固定する方法を紹介 [Link]
    2. 業績の更新
  • 2015.11.07:
    1. Qualtricsで質問文内の内容をランダマイズする方法を紹介しました。[Link]
  • 2015.11.01:
    1. SoftwareメニューをResourcesに変更。
    2. 新しいコンテンツの追加(確証的因子分析の視覚化テンプレート) [Link]
  • 2015.10.30:
    1. テーマの変更によってリンク切れやテンプレート崩れが多々あります。近いうちに修正いたします。
  • 2015.10.07:
    1. テーマの変更及びリンク切れの修正