RStudioの設定

 RStudioはそのままでも使えるが、少しカスタマイズするとより使い勝手が良くなる。RStudioのカスタマイズ画面はTools > Global Optionsをクリックすることで表示される。

 以下の設定はNIIオンライン分析システムで使用可能なRStudio最新版 (RStudio Server 2021.09.1+372)の設定であり、宋の設定と同じである。

1 General

  • Restore .RData into workspace at startupのチェックを消す
  • Save workspace to .RData on exit:をNeverに変更する。
  • Always save history (even when not saving .RData)のチェックを消す

2 Code

2.1 Editingタブ

  • Insert spaces for tabのチェックを付ける
  • Tab widthは2、または4を指定する。
  • Auto-detect code indentationのチェックを付ける
  • Insert matching parens/quotesのチェックを付ける
  • Auto-indent code after pasteのチェックを付ける
  • Vertically align arguments in auto-indentのチェックを付ける
  • Always save R scripts before sourcingのチェックを付ける
  • Ctrl + Return executes:をMulti-line R statementに変更する。

2.2 Displayタブ

  • Highlight selected wordのチェックを付ける
  • Highlight selected lineのチェックを付ける
  • Show line numbersのチェックを付ける
  • Show syntax highlighting in console inputのチェックを付ける
  • Highlight R function callsのチェックを付ける
  • Rainbow parenthesesのチェックを付ける

2.3 Savingタブ

  • Default text encoding:のChangeをクリックし、UTF-8を選択する。

2.4 Completionタブ

  • Show code completion:をAutomaticallyに変更する。
  • Allow automatic completions in consoleのチェックを付ける
  • Insert parentheses after function completionsのチェックを付ける
  • Show help tooltip after function completionsのチェックを付ける
  • Insert spaces around equals for argument completionsのチェックを付ける
  • Use tab for autocompletionのチェックを付ける

3 Console

  • Show syntax highlighting in console inputのチェックを付ける

4 Appearance

  • 自分の好みのものを選択する。ただし、小さすぎる文字サイズ (font size) は推奨しない。目に優しくないだけでなく、誤字脱字が見つけにくくなる。

5 Pane Layout

  • 左上: Source
  • 右上: Console
  • 左下: 全てチェックを消す
  • 左下: 全てチェックを付ける

6 R Markdown

  • Show output preview in:をViewer Paneに変更する。
  • Show output inline for all R Markdown documentsのチェックを消す

設定が終わったら右下のOK、またはApplyをクリックする。