本講義について

概要

  • 講義日: 木曜日 第4時限(14:40~16:10)
  • 場所: TC302教室(高槻キャンパス C棟 302教室)
  • 講義内容: 社会科学のリサーチデザイン & Rを用いたデータ分析の基礎
    • リサーチデザイン
    • 統計的推論・仮説検定
    • 平均値の(差の)検定
    • 相関分析
    • 独立性の検定
    • 線形回帰分析
    • ロジスティック回帰分析
  • Rの使い方そのものについては解説しない。
    • Rの使い方は前期の「ミクロ政治データ分析実習」で解説済み
  • 前提知識: 前期の「ミクロ政治データ分析実習」を履修すること。
    • 未修の場合、{dplyr}、{tidyr}、{ggplot2}に関する知識が必要。
    • ブラインドタッチが出来ること。

オフィス・アワー

宋、またはTAが研究室に待機し、事前予約なしに相談、質問などが可能な時間

  • 場所:TA227研究室(A棟の2階)
  • 毎週火曜日3限 (13:00〜14:30)
    • 宋が対応
  • 毎週木曜日3・5限 (13:00〜14:30 / 16:20〜17:50)
    • 3限はTA、5限は宋・TAが対応
  • 上記の時間外は事前予約が必要(メール、対面)

講義内容

年月日 内容 教科書
1 2022年 9月22日 ガイダンス
2 2022年 9月29日 リサーチデザイン(1) 第1〜3章
3 2022年10月 6日 リサーチデザイン(2) 同上
4 2022年10月13日 記述統計 第6章
5 2022年10月20日 統計的推定 第7章
6 2022年10月27日 統計的仮説検定 第8章
7 2022年11月10日 変数間の関係 第9章
8 2022年11月17日 回帰分析(1) 第10〜13章
9 2022年11月24日 回帰分析(2) 同上
10 2022年12月 1日 回帰分析(3) 同上
11 2022年12月 8日 交互作用 第14章
12 2022年12月15日 分析結果の可視化
13 2022年12月22日 ロジスティック回帰分析 第15章
14 2023年 1月12日 期末レポートの執筆
15 2023年 1月19日 期末レポートの執筆

本講義の位置づけ

前提知識

  • ファイル・システムの理解
    • フォルダー (ディレクトリ)の概念
    • C:/AAA/BBB/CCC.txt (Windows)や~/AAA/BBB/CCC.text (macOS / Linux)の意味が理解できること
    • 相対パス / 絶対パスの概念が理解できること
    • 不安がある場合は本サポートページの「本講義のためのファイル管理術」を参照すること。
  • ブラインド・タッチ (重要)
    • タイピングが遅いと、実習で非常に苦労する。
    • 第4回の授業までにブラインドタッチの練習を推奨
      • グーグルで「タイピング練習」で検索すれば様々な情報が得られる。一日30分以上、2週間程度である程度出来るようになり、それ以降は意識しなくても上達していく。
    • この授業に限らず、現代社会で極めて重要なスキル

教科書

参考書(データ分析)

  • 飯田健. 2013. 『計量政治分析』共立出版.
  • 今井耕介 著. 粕谷祐子・原田勝孝・久保浩樹 訳. 2018. 『社会科学のためのデータ分析入門(/)』有斐閣.

参考書(R)

成績評価

  • 平常点 (30%)
    • 欠席4回以上は評価の対象外(3回まで評価対象)
    • 45分以上欠席は出席0.5回扱い
    • 欠席届を提出した場合は出席扱い
  • 課題 (35%)
    • 課題は計5 \(\pm\) 1回を予定
    • 3回以上未提出は評価の対象外(2回未提出までは評価対象)
    • 課題提出期限の延長はない (提出までの期間が長めであるため)
      • 提出期限は次回講義の前日23時59分まで
      • 期限内に提出出来なかった場合でも宋に連絡する必要はない (どうせ延ばしてくれない)。
  • 期末レポート (35%)
    • 自分独自の問いを立て、その問いに答えるための過程と結果を記録したレポート
    • 未提出者は評価対象外
    • 授業の第14・15回は期末レポートの執筆
  • 「評価対象」とは「採点の対象」であることを意味し、単位を保障するものではない。
  • 不正行為厳禁

注意事項

  • コードは以下のように背景に色が付けられている部分である。
print("Hello!")
  • コードの中で#で始まる内容はコメントであり、分析に影響を与えない。ただし、"'で囲まれた#はコメントではない。また、行の途中から#が入る場合、#以降は実行されない。
# Hello!を出力するコード
print("Hello!")

# "や'内の#はコメントではない
print("この#はコメントではありません")

print("Hello World!") # Hello World!を出力
  • 出力結果は以下のように背景なし&等幅フォントで出力される。
[1] "Hello!"
  • オブジェクト名は変数名関数名()のように文中の色付き背景で示された部分である。
  • パッケージ名は{}で囲む。tidyverseパッケージの場合、{tidyverse}と表記する1

  1. ただし、パッケージ名を{}で囲むのは一般的な表記ではないことを断っておきたい。↩︎