「マクロ政治データ分析実習」第8回課題

課題の取り組み方について
  • 本サポートページのRの使い方 > 課題の取り組み方、または関大LMS内の解説動画を参照する。
  • 本講義の課題は全てR Markdownを使用する。使い方は「ミクロ政治データ分析実習」の第5回を参照すること。
  • 分からないことがあったら、必ず宋・TAと相談すること。

Step1: LMSから課題用ファイル一式をダウンロードする。

Step2: NIIオンライン分析システムを起動し、課題用のプロジェクトを作成する。

Step3: プロジェクト・フォルダー内にDataフォルダーを作成する。

Step4: プロジェクト・フォルダーに課題用ファイル(Macro_HW08.Rmd)をアップロードする。

Step5: Dataフォルダーに課題用データ(Ramen.csv)をアップロードする。

ファイルのアップロード先に注意!

 課題用ファイル(.Rmd)はプロジェクト・フォルダ―の直にアップロードし、課題用データ(.csv)はプロジェクト・フォルダ―内のDataフォルダーに入れること。多くの履修者がDataフォルダーに.Rmdファイルと.csvファイルを入れているが、この場合、Knitが出来ない場合がある(自分がファイルシステムに詳しいならコード内のパスを修正して対応することも可能)。

Step6: 課題用ファイル(Macro_HW08.Rmd)を開き、一旦、Knitしてみる。

Step7: 以下のボタンをクリックし、サンプルファイルを確認する。

サンプルファイルの表示

Step8: サンプルファイルと同じ結果が得られるように課題用ファイルを修正する。

Step9: 完成したら出力物(.htmlファイル)を自分のPCにダウンロードする。

Step10: ダウンロードしたファイルをLMSに提出する。提出する前にダウンロードしたファイルを開き、正しくダウンロードされているかを確認すること。

注意: 課題の取り組み方が分からない場合、オフィスアワーなどを利用し担当教員と相談すること。

課題を途中で中断し、再開した場合は…

 課題を途中で中断し、再開した場合、RStudioの右上の「Project:」欄が「(None)」になっているか確認すること。「(None)」のまま、あるいはプロジェクト名が課題用プロジェクト名と一致しない場合はメニューの File > Open Project から開くこと。プロジェクトの開き方は本サポートページの Rの使い方 > プロジェクト管理 から確認できる。