[←JASPの入手・インストール] [目次] [データの編集・ラベル作成→]


  • 実習用データセット (JASP_Sample.csv)をダウンロードしておきます。
  • JASPを起動します。

  • これがJASPの画面です。SPSSなどに比べればかなりシンプルですね。出来る分析もSPSSに比べて貧弱ですが、入門のデータ分析講義で扱う分析手法はほとんど可能です。
  • まず、先ほどダウンロードしたファイルを開きましょう。画面左上の「File」をクリックします。

  • 既に「Open」は選択されていると思いますが、続いて「Computer」をクリックし、最後に「Browse」をクリック。
  • ファイルが選択できるダイアログボックスが表示されますね。そこで先ほどダウンロードしたJASP_Sample.csvを選択し、開きます。

  • JASPは大きく分けて3つの領域で構成されています。
    • 分析メニュー:記述統計、t検定、ANOVA、…など様々な分析手法を選択するメニューです。
    • データ:現在、開いているデータが表示されます。現在のJASP (Ver. 0.8.8.1)では、データ領域で中身を修正することはできません。中身をクリックするとExcelやLibreOfficeなどのスプレッドシートのソフトが起動されます。
    • 分析結果:今は何も表示されていませんが、これから何らかの分析をすると分析結果が表示されます。
  • ※注意※
    JASPは日本語が含まれているデータセットの読み込みが可能です。しかし、分析結果には日本語が表示されません。したがって、データセットは事前に日本語を英語に書き換えておく必要があります。
  • 結果の保存などについては今度の講義で説明します。まずは、データを開くことができたらOKです。

 

[←JASPの入手・インストール] [目次] [データの編集・ラベル作成→]