シミュレーションのコード

  • GitHub レポジトリ [Link]

 

説明

  • 作成中

 

使い方

  • サンプルを抽出する分布は
    1. 正規分布
    2. 一様分布
    3. カイ二乗分布
    4. 二項分布
    5. ポアソン分布
    6. サイコロ
  • 関数の引数は
    • dist : 母集団の分布(デフォルトはサイコロ)
      • Dice : サイコロ
      • Normal : 正規分布
      • Uniform : 一様分布
      • Chi2 : カイ二乗分布
      • Binomial : 二項分布
      • Poisson : ポアソン分布
    • par : パラメータ(Rのrxxxx関数と同じパラメータ)
      • Diceの場合: パラメータ必要なし
      • Normalの場合: mean, sd
      • Uniformの場合: 分布の範囲(例えば1から10だと、1:10)
      • Chi2の場合: df
      • Binomialの場合: size, prob
      • Poissonの場合: lambda
    • sample : 標本サイズ
    • trials : 標本の数

source("https://raw.githubusercontent.com/JaehyunSong/Simulation/master/CLT_Simulation.R")

# 母集団が平均0, 標準偏差は1の正規分布, サンプルサイズは30, サンプル数は1000
CLT_Sim(dist = "Normal", par = c(mean = 0, sd = 1, sample = 30, trials = 1000)

# 母集団がλ=2のポアソン分布, サンプルサイズは50, サンプル数は300
CLT_Sim(dist = "Poisson", par = c(lambda = 2), sample = 50, trials = 300)

# サイコロ, サンプルサイズは50, サンプル数は300
CLT_Sim(dist = "Dice", sample = 50, trials = 300)

3番目の例を実行すると以下のようなプロットが表示される。

CLT_Sim