1. RStudio Cloudにログイン後、右上の「New Project」をクリックします。
    (やや時間がかかります。)
  2. 画面上段の「Untitled Project」クリックし、プロジェクト名を指定する。
    • 例) Song-san_Shine_001 など
  3. デスクトップ用RStudioと同じ画面が表示されます。
    • とりあえず作業環境を整頓しましょう。以下は宋の作業環境です。
    • 「Tools」メニューから「Global Options」を選択
    • 左の「Code」を選択
      • 「Tab width」は4がおすすめ
      • 「Edting」タブにクリックし、「Highlight selected line」と「Show marin」にチェックを入れる
    • 左の「Apperance」では好きなテーマとフォントサイズを指定
      • 宋はフォントサイズ14にテーマはMonokai
    • 左の「Pane Layout」を選択
      • 決まりはないが、以下のような設定が多いって感じ
      • 左上はSource
      • 右上はConsole, Terminal, Jobs
      • 右下はFiles, Plots, Packages, Help, Viewer
      • 左下はその他全て。そしてこちらは最小化
  4. 新しいソースコードページを開くには「File」→「New File」→「R Script」をクリック
  5. プロジェクト内にデータセット (csv, dta, sav, xlsxなど) をアップロードするためには、右下領域の「Files」タブを選択肢、「Upload」をクリック
  6. よく使うパッケージをインストールしておく
    • コンソール領域でinstall.packages(“tidyverse”)を入力し、改行
    • tidyverseはパッケージ群であり、それぞれ依存パッケージも多いので時間がかかる。インストールしながら宋さんのしょうもない話を聞こう!