ソースコード

  • GitHubレポジトリ [Link]

 

使い方

source("https://raw.githubusercontent.com/JaehyunSong/Simulation/master/Cjoint_N_Simulation.R")

Cjoint.N.Sim(n.Attr = 2, n.Level = c(2, 4), n.Choice = 2, 
             n.Sim = 100, n.Min = 1300, n.Max = 1550, 
             chk.dupli = TRUE, min.occur = 500)
  • 並列演算を行うためdoMC, foreachパッケージを事前にインストールしておいてください。
    • CPUがシングルコアの場合でも、一応インストールしておいて下さい。
    • 本シミュレーターは、CPUのコア全てを使います。(並列演算を行わない場合と比べて数倍早くなりました。)
  • 引数について
    • n.Attr : 属性の数 (スカラー)
    • n.Level : 各属性の水準の数 (ベクトル)
    • n.Choice : プロフィールの数 (スカラー)
    • n.Sim : 各サンプルサイズごとのシミュレーション回数 (スカラー)
    • n.Min : 最小サンプルサイズ (スカラー)
    • n.Max : 最大サンプルサイズ (スカラー)
    • chk.dupli : 同じ水準が同時に出現したら欠損扱いする (論理型)
    • min.occur : 各属性が何回出現されるべきか (スカラー)
  • Tip: 属性の数が結果に与える影響はほぼありません。したがって、n.Attr = 2とし、n.Level = c(2, 水準の最大数)と設定した方が早くシミュレーションできます。